画像処理による外観検査システム iVision の機能

iVision に搭載されている、画像処理による外観検査機能をご紹介します。

キズ・汚れ検査

製品外観のキズを判別し、赤や緑などのマークを付けて該当箇所を強調表示しています。

キズや汚れの外観検査3

欠陥・欠損検査

良品画像(左)を基に、基板の部品欠損の検査をしています。
右が検査時の画像ですが、画像右部中央部分の緑色になっている部分が、検出された欠損箇所です。

欠陥や欠損の外観検査  

寸法検査

カメラで撮像した対象物の始点と終点の距離から、寸法を計測しています。

寸法検査  

文字読み取り検査 | QR コード/バーコード読み取り検査

左の画像は、伝票番号を読み取り、文字の「ドット抜け」や「かすれ」などの検査をしています。
右の画像は、製品に貼り付けられた QR コードを読み取り、別の製品が混在していないかを確認しています。

文字読取・認識検査 QR コード読取・認識検査

カラー検査

色の明暗の検査、特定の色の数を数える検査を行うことができます。
例えば、部品検査で、青色と黄色の枠で囲われた部分の数をカウントします。
これによって、部品が正しく取り付けられているかを判別することができます。色の濃淡の検査なども可能です。

カラー検査

バリ 検査

生産品の外枠に付着しているバリの有無を検査しています。

バリ検査

リアルタイム検査履歴表示機能

NG 履歴をクリックすることで、NG 箇所を一発表示させることが可能です。